2010年11月01日

弊SEOサービスではドメインが同じでもURLを分けてモバイルサイトとPCサイトを別々に構築している場合は2契約必要


キーワード・URL承知致しました。
URLを拝見したところ、サイトが異なるようにも見えましたので、一応確認です。

弊所が拝見した限りではwww有りが「PC向けサイト」で、www無しが「モバイルサイト」で異なるドメイン(※但し、ルートドメインはどちらも同じ)で構成する「別サイト」と判断しております。
「サイト」の扱いは、前回のメールの中で説明させて頂いた通りでございます。
同一サイトで無い場合は2契約必要になります。

弊所メインサイトの「 http://seo-pig.com/ 」のように同じURLでPCにもモバイルにも対応している場合は、同一サイトと看做しておりますが、URLを分けて構成している場合は、モバイルサイトとPCサイトを「別サイト」として扱っております。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ サテライトブログ Web集客

1-Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる | Yahoo Google SEO対策の格安会社トンちゃん
2-記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める | Yahoo Google SEO対策の格安会社トンちゃん
3-Google SEO対策とブログのカテゴリのURL | トンちゃん Google SEO対策
4-Google SEO対策と更新頻度 | トンちゃん Google SEO対策
5-YahooのSEO対策とは|Yahoo Google SEO対策の格安会社 トンちゃん
6-サイト内の古いURLの再利用。Yahoo Google SEO対策で重要なURL年齢|Yahoo Google SEO対策の格安会社 トンちゃん
7-上位表示要因としてGoogleページランクの重要度は低い。GoogleとYahooのSEO対策
8-グーグル検索では上位表示されると、そう簡単に順位は落ちない。ヤフー検索での不動の上位表示に繋がる
9-「Yahoo SEO」と同時によく出現するキーワードをサイト全体にちりばめる事が上位表示で重要
10-Yahooで検索順位を安定させるにはドメインを分散した被リンクが必要。IPアドレス分散も考慮で|Yahoo Google SEO対策の格安会社 トンちゃん
11-SEO対策の被リンク効果の有る無しは「大局」で判断せよ
12-オーガニック検索1位とキーワード広告1位では集客できる検索ユーザーが異なる
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOサービス | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。