2010年11月06日

トップページにピッタリのキーワードが4つある場合はトップページを4キーワードで対策し上位表示させると良い。アンカーテキストの分散と集中

商品のキーワードとしてとしては[●●]がメインになるかと思われますが
Dipper診断で現在▼▼位です。
ただ、購入にむすびつけるワードとするなら[●●■■]の方がよいのでしょうか?
他に[△△][□□]などあり迷っています。

トップページのキーワードとしては「●●■■」「●●」[△△][□□]のどれもふさわしいと思います。
この4キーワードをトップページ(URL)に割り当てて対策しても良いと思います。
基本は1URLを1キーワードで対策ですが、1URLを4キーワードで上位表示させる事も可能ですので、ご自身の好きな方を選ぶと良いでしょう。

トップページを4キーワードで対策する場合は、外部サイトから4つキーワードでアンカーテキスト被リンクを張って行く事になります。
ある外部ページからは●●というキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを供給し、別の外部ページからは▼▼というキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを供給する形になり、トップページの外部被リンクのアンカーテキストは適度に「分散」されて行きます。
Google検索で順位が上がらない原因の一つに同一アンカーテキストでの被リンク集中がありますが、トップページを4キーワードで対策する事でアンカーテキスト分散が進み、アンカーテキスト集中を回避できます。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ サテライトサイト制作 インターネット集客

SEO対策トンちゃん

西宮市の中古マンション情報の検索サイト
西宮市中古マンション

保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店保険Twitter

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEO
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。