2010年12月04日

現在のYST(旧ヤフー検索)の国内検索シェアは0%。上位表示しても収益ゼロ。ヤフーSEOのリスク

現在日本国内でのYSTの検索シェアは0%です。
0%のYSTで上位表示しても収益は上がりません。
少し前まではYSTはヤフー検索としてヤフージャパンに採用されていたため、検索シェアで60%前後ほどありましたが現在は0%です。
幸い現在ヤフー検索で採用されているGoogle検索は単独でも50%前後の検索シェアを日本国内で確保しておりますので、ヤフー検索の中身が変わってもGoogleで上位表示出来ていれば長期に渡り安定して新規顧客を集客できるでしょう。

>グーグル、Bing、MSN、Windows Live、バイドゥなどへのID登録と

この中で対策キーワードで1位表示させた時に集客が見込めるのは、グーグルとBingのみです。
1位表示してもバイドゥから検索ユーザーがやって来る事は殆ど無いのが現状です。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ ヤフー上位表示 Webショップ集客

グーグルSEO

SEO対策方法とんちゃん

SEOサービスSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行SEOコンサルティングSEO費用SEO格安検索エンジン対策
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。