2011年01月02日

「検索エンジン」が主のグーグル。「ポータルサイト」が主のヤフーにとってヤフー検索は部品の一つに過ぎない

Googleと日本ヤフーの戦略を見れば分かるのですが、Googleは「Google検索」を「主」に据えて戦略をグローバル規模で展開しております。
一方で、日本ヤフーはヤフージャパンという「ポータルサイト」を「主」に据えて戦略を日本国内のみで展開しております。
「ヤフー検索はポータルサイトYahooジャパンの部品の一つに過ぎない」という位置づけで日本ヤフーは戦略を展開しております。
つまり日本ヤフーにとって「ヤフー検索」の重要度は「ポータルサイト」よりも低いという事です。

Googleにとって最重要は「検索エンジン」ですが、日本ヤフーにとって最重要は「ポータルサイト」です。
経営資源で日本ヤフーを遥かに凌駕するのがGoogleですが、そのGoogleが最重要に据えているのが「検索エンジンのシェア」です。
ヤフー検索には最初から勝ち目はありません。

ですので、時間の問題でヤフー検索はGoogle検索に検索シェアで追い抜かれます。
先程申し上げた通りでして既に多くのキーワードで検索シェア1位の座をヤフー検索は奪われておりますが、今後さらにそれが拡大します。
企業の「戦略」と「戦略実行力(≒『経営資源』)」との二つを見れば、今後その企業がどうなって行くのかは大体分かります。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ Yahoo!検索上位 ブログ集客

SEOグーグル

Google SEO

検索エンジン対策検索エンジン最適化

プレゼントネット通販サイト
誕生日プレゼント彼女
彼氏誕生日プレゼント


堺市の比較検索サイト

堺賃貸
堺市北区賃貸
北花田賃貸

古希のプレゼントネット通販ショップ

古希祝い
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。