2011年01月05日

グーグル上位表示で重要なのはドメインパワーでは無くURLパワー。ドメイン単位では無く「URL単位の評価」を重視

>ドメイン自体にそれなりのパワーはあるのかなと思うのですが下層ページである
「●●■」http://●●.jp/kkku/
「□□」http://●●.jp/di/
がなかなか上がらないのはなぜなのでしょうか?

Googleの場合は「ドメインの評価」よりも「URL自体の評価」が重視されるからです。
もし、現在のYahoo検索の中身がYSTであったなら、「●●」のサブページももっと順位は上がっていると思います。

YSTは「ドメインの評価」を重視し、Googleは「各URL自体の評価」を重視しますので、ドメインの評価さえ高ければYSTでは其のドメイン下の新規URLでも2、3カ月で上位表示させられます。
Google検索ではドメインの評価が高いだけでは新規のサブURLの検索順位を短期で上げ抜く事はできません。
サブURLの順位を上げるにはサブURL自体の評価を上げねばなりません。
ここがドメインの評価さえ高ければ直ぐにサブURLの順位も上がってしまうYSTとの違いです。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ グーグル検索上位 集客対策

Google上位表示

香川のリサイクルショップHP
オフィス家具香川


速読訓練教材販売HP

速読トレーニング


モニターアームのネット通販サイト

モニターアームスタンド


医師の求人のサイト

医師求人
医師募集


システムエンジニアの会社HP

Java変換
ITパートナー募集
エンジニア求人


アンチエイジングHP

アンチエイジング
ネットワークビジネス


デイトレのツール販売サイト

チャート
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。