2011年02月02日

外部被リンクのアンカーテキストの書き方。ひらがなやカタカナの複合語の場合は間にスペースを入れて記述が基本

「ハイタツ カントウ」のように両方がカタカナや、「はいたつ かんとう」のように両方ひらがなの場合は、弊所ではキーワードとキーワードの間にスペースを入れて外部サイトにリンクテキストを設置するようにしております。
スペース無しの「ハイタツカントウ」や「はいたつかんとう」では検索エンジンが上手く言葉を分解できず、意味を理解してくれない事もあるからです。

複数単語を全て「ひらがな」や「カタカナ」でスペース無しで続けても確りと複数の単語として識別してくれる検索エンジンも存在しますが、どの検索エンジンでも確り別単語として識別してくれるわけではありません。
Google検索の場合、一つの単語として識別される「ひらがな」や「カタカナ」がある一方で、識別されない「ひらがな」や「かたかな」も多数存在します。
Bing検索ではしっかりと一つの単語として識別される「ひらがな」や「カタカナ」でも、Google検索では一つの単語として識別されない事が多々あります。

各検索エンジンは独自の日本語辞書を持っておりますが、それらの辞書(ひらがな・カタカナ・漢字・記号など)は万能ではありません。
全ての言葉に通じているわけでは無く、辞書でカバーできてい無い言葉が無数に存在します。
ですので、あらゆる検索エンジンに対応できるSEO対策を考えると、「カタカナ」や「ひらがな」の複合キーワードでSEO対策を行う場合は、単語と単語の間にスペースを入れてアンカーテキストリンクを記述して行くのが良いといえます。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ 被リンク代行 集客コンサルタント

Google外部リンク

モニターアームの通販ショップ
デュアルモニターアーム
ペニーオークションの情報サイト

オークションサイト一覧

ランドセルの激安通販ショップ

ランドセル人気
ランドセル口コミ
ランドセル購入

岡山の買取業者HP

岡山買取
金岡山

クーポン割引サイト

クーポン割引
ニッセン クーポン

ウェディングドレスのネット通販ショップ

ウエディングドレス販売
タキシード
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。