2011年02月02日

外部被リンクのアンカーテキストの書き方。ひらがなやカタカナの複合語の場合は間にスペースを入れて記述が基本

「ハイタツ カントウ」のように両方がカタカナや、「はいたつ かんとう」のように両方ひらがなの場合は、弊所ではキーワードとキーワードの間にスペースを入れて外部サイトにリンクテキストを設置するようにしております。
スペース無しの「ハイタツカントウ」や「はいたつかんとう」では検索エンジンが上手く言葉を分解できず、意味を理解してくれない事もあるからです。

複数単語を全て「ひらがな」や「カタカナ」でスペース無しで続けても確りと複数の単語として識別してくれる検索エンジンも存在しますが、どの検索エンジンでも確り別単語として識別してくれるわけではありません。
Google検索の場合、一つの単語として識別される「ひらがな」や「カタカナ」がある一方で、識別されない「ひらがな」や「かたかな」も多数存在します。
Bing検索ではしっかりと一つの単語として識別される「ひらがな」や「カタカナ」でも、Google検索では一つの単語として識別されない事が多々あります。

各検索エンジンは独自の日本語辞書を持っておりますが、それらの辞書(ひらがな・カタカナ・漢字・記号など)は万能ではありません。
全ての言葉に通じているわけでは無く、辞書でカバーできてい無い言葉が無数に存在します。
ですので、あらゆる検索エンジンに対応できるSEO対策を考えると、「カタカナ」や「ひらがな」の複合キーワードでSEO対策を行う場合は、単語と単語の間にスペースを入れてアンカーテキストリンクを記述して行くのが良いといえます。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ 被リンク代行 集客コンサルタント

Google外部リンク

モニターアームの通販ショップ
デュアルモニターアーム
ペニーオークションの情報サイト

オークションサイト一覧

ランドセルの激安通販ショップ

ランドセル人気
ランドセル口コミ
ランドセル購入

岡山の買取業者HP

岡山買取
金岡山

クーポン割引サイト

クーポン割引
ニッセン クーポン

ウェディングドレスのネット通販ショップ

ウエディングドレス販売
タキシード
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

サテライトサイト群に設置した被リンクがGoogle検索に認識されてはじめて順位に反映される

>又順位はいつごろから分かりますか教えてください。

3週間前後からジワジワ出てくると思います。
基本的に現在は毎月異なる被リンクサイト群を用意し、そこからリンクを張る形をとっております。
それらの被リンクサイト群に設置したリンクがGoogleに認識・登録されて(インデックス化)はじめて、被リンク効果が発生しますので順位反映はその後となります。
毎月そのような形で進んで行きます。
被リンクが少なめでも順位が上がるキーワードなら1、2カ月の対策で上位表示されてしまうでしょうし、競争者が多いキーワードならばそれ以上の期間(時間と被リンクの数)が必要になるでしょう。

サテライトサイトに設置した被リンクページがGoogle検索に早い段階で認識されれば検索順位への反映もそれだけ早くなります。
Google検索に新たな被リンクページが発見されてもインデックスされなければ、その被リンクページは検索ランキングに何ら影響を及ぼしません。
検索ランキング上昇という影響を与えるには被リンクページをGoogle検索にインデックスさせねばなりません。

設置被リンクは早ければ数日でGoogle検索にインデックスされますが、サテライトサイトによってはインデックスされるまでに数週間から数カ月要する事もあります。
インデックスの進み具体はサテライトサイトによって様々ですが、その平均値を取って検索順位反映は「3週間前後」と説明しております。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ 被リンク上位表示 集客コンサルティング

Googleバックリンク

歯医者さんのHP
新小岩歯医者
熊谷市歯科医院
川口市歯医者
さいたま市緑区歯医者

日経225取引で役立つトレードツールの販売ネットサイト

日経225


香川のリサイクルショップHP

リサイクルショップ香川


岡山のリサイクルショップHP

オフィス家具岡山


観葉植物のネット通販ショップ

観葉植物通販


塾の求人サイト

塾求人
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

Google検索はURL単位、YSTはドメイン単位の評価を重視する。新規のサブURLの扱いの違い

Googleの場合は「URL自体の評価」を重視しますので、「●●」のサブURLそのものに十分な評価が乗らないと順位は上がりません。
「●●■」で対策しているサブURLでも同じです。
Googleは「URL単位の評価」するため、短期間ではYSTのように新規のサブURLの順位は上がりません。

「GoogleはURL単位、YSTはドメイン単位」と覚えて置くとSEOの戦略や戦術を考える時に役立つと思います。
「●●■」で対策するURLに評価が十分にのり3位表示等されてから、その同じURLで「●●□」などで対策するとかなり少なめの被リンクでも上位表示できる傾向があります。
サブURLが中々順位が上がってこなくとも焦る必要はありません。
Google検索はYSTではありませんので、相応の時間と被リンクが必要になります。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ 被リンク対策 集客代行

Google被リンク

ペニーオークションの価格比較ページ
オークション価格

復縁方法指南サイト

復縁マニュアル効果
距離を置く復縁
復縁マニュアル浅海


歯科医師のネットサイト

あざみ野歯医者
野田市歯医者
帯広歯医者
小山市歯医者
上野毛歯科医院
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。