2010年12月02日

ヤフー検索の中身はGoogle検索。Google検索で順位を上げる事がYahoo対策となる

>最初はヤフーから、後にグーグルに対するSEO対策をお願いしたいと思います。

承知致しました。
現在のヤフー検索の中身はGoogle検索ですので、Google検索の順位がそのままYahoo検索での順位になると思ってください。
ヤフー検索を提供するヤフージャパンには独自で開発している検索エンジンがありませんので、ヤフージャパンは他の検索エンジン会社の検索エンジンを採用せねばなりません。
現在は、Google検索をヤフージャパンが採用しておりますので、Google検索で順位を上げますとYahoo検索でも順位が上がります。

ヤフーとGoogleの契約により、今から約2年後に採用する検索エンジンをヤフージャパンは見直す事になっておりますが、それまではGoogle対策がそのままYahoo対策となります。
2年後にヤフー検索として採用される最有力候補はマイクロソフトが開発しているBing検索ですので、Bing検索でも順位が上がるよう意識しながら対策を進めて参りたいと思います。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ Yahoo上位表示 Webサイト集客

Google SEO

SEO 費用SEO 見積りSEO 会社SEO 激安SEO実績上位表示検索上位検索エンジン最適化SEO キーワード検索エンジン登録代行SEO 東京
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

対策するキーワードの選び方。選んだキーワード群の各URLへの割り当て方

>http://www.★★.com/  地域名▼▼ ●●
http://www.★★.com/w △△
http://www.★★.com/c □□
http://www.★★.com/i ◎◎

キーワード・URL承知致しました。

地域名▼▼の●●であれば、「地域名▼▼+キーワード」の組合せで上位表示を狙って行った方が良いかもしれません。
「地域名▼▼+△△」でも「△△」でも順位は上がってきます。
但し、「△△」のみで対策する時よりは「地域名▼▼」分だけ対策キーワードが長くなる為、長くなった分だけ被リンク効果は分散してしまいます。

売上に直結するユーザーの多くは「地域名▼▼+キーワード」で検索してくる事が予想されます。
「△△」で検索結果1ページ目で「地域名▼▼」の●●を見付けられなかったユーザーは、再度「△△▼▼」などで検索して目的の●●を探す傾向があります。
最近は同じキーワード「△△」のまま検索結果2ページ目で目的の美容院を探すのでは無く、「地域名▼▼+キーワード」などの複合キーワードを入力し直して再検索する傾向がユーザーにあります。

売上に繋がるユーザーの集客という視点で考えると「地域名▼▼ △△」などで上位表示(できれば1位)させてから、同じURLで「△△」で上位表示を狙って行った方が利は大きくなるではないかと思います。
あとはトップページのキーワードとして「地域名▼▼ ◎◎」も同時対策する価値があると思います。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ サテライトサイト作成 サイト集客

Google SEOマニュアル

Google SEO対策Yahoo SEOSEO情報

SEOサービスSEOコンサルティング外部リンク被リンクバックリンクSEO料金SEO 格安SEO 低価格
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

トップページにピッタリのキーワードが4つある場合はトップページを4キーワードで対策し上位表示させると良い。アンカーテキストの分散と集中

商品のキーワードとしてとしては[●●]がメインになるかと思われますが
Dipper診断で現在▼▼位です。
ただ、購入にむすびつけるワードとするなら[●●■■]の方がよいのでしょうか?
他に[△△][□□]などあり迷っています。

トップページのキーワードとしては「●●■■」「●●」[△△][□□]のどれもふさわしいと思います。
この4キーワードをトップページ(URL)に割り当てて対策しても良いと思います。
基本は1URLを1キーワードで対策ですが、1URLを4キーワードで上位表示させる事も可能ですので、ご自身の好きな方を選ぶと良いでしょう。

トップページを4キーワードで対策する場合は、外部サイトから4つキーワードでアンカーテキスト被リンクを張って行く事になります。
ある外部ページからは●●というキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを供給し、別の外部ページからは▼▼というキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを供給する形になり、トップページの外部被リンクのアンカーテキストは適度に「分散」されて行きます。
Google検索で順位が上がらない原因の一つに同一アンカーテキストでの被リンク集中がありますが、トップページを4キーワードで対策する事でアンカーテキスト分散が進み、アンカーテキスト集中を回避できます。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん ‐ サテライトサイト制作 インターネット集客

SEO対策トンちゃん

西宮市の中古マンション情報の検索サイト
西宮市中古マンション

保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店保険Twitter

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEO
posted by SEO対策職人Tさん at 00:00| SEOアドバイス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。